ショックシャフトを交換しました

今日は良い天気♪久しぶりに海王丸でラジコンができそうなので、寝るのが遅かったけど9時には起きてダンパーメンテして楽しみにして行ったのですが、、、

人少なっ!

13時に着きましたが、私で3人目でした。。。後で気づきましたが、いくら天気が良くてもこの時期の気温じゃ手がかじかんでラジコン操作もままなりませんね。。。経験の長い方たちは知ってるんですね。。。

それでも、今日は以前のトラブル(参照:http://rc-sensei.com/20140203210119.html)の検証もしたかったのでBLACK SERIES君を3パック走らせました♪結果は、無事完治しましたww明らかに以前より速かったです!スロットルのツキが違います♪治ってよかったです(汗)

それと、ダンパーメンテのついでにショックシャフトをオプションのチタンコートショックシャフトに交換しました。

BD7 2014

前回走った時にショックの動きが渋かった気がしたので。まぁ、そんな繊細な感覚を持っているわけではないですがww感じたのが正しかったのか、組みなおし方がよかったのかはわかりませんが、とりあえずクルマの動きはよかったです。ただ、ポイントとしては、どの雑誌で見たのかわすれましたが、誰かもしてましたが、ダンパーピストンの組み方を今回は溝が上になるように組みました。2014では溝が下になる組み立て図になってますが、前期BD7の組み方にしました。こんなことでも違いがでるのかな?これが良かったのかもしれませんし。

あと気づいたこととして、シャフトのねじ山部分の長さが標準のもとチタンコートのとで長さが違いますね。

BD7 2014

BD7 2014

 

長い分たわみがなくなり、カッチリするようなことになりませんかね?意外とこれも重要な気がしますが。。。

ちなみに今日はパナレーサー PRレーシングスリック 28GXで走りました。個人的には、このタイヤは寒い時は結構グリップしてくれてると思ってます。最新の28VXが評判良いみたいですので早く使ってみたいのですが、、、今は他にすごくお金のかかるクルマがありますもので、もう少し後かなwww

 

ɂقuO ̑uO WRRCJ[ blogramŐlCuO𕪐


コメントを残す

←コメントに画像を張り付ける場合はこちらをクリック!(JPEGのみ)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)