QLOOKアクセス解析

●タミヤ(TAMIYA)のラジコンカーにて、サスマウントの前後組み合わせによるトー角、トレッド変化寸法を調べることができます。
※フロント側から選択してください。
●フロント側(F側)

●リヤ側(R側)

●組み合わせ結果
【ポイント】
(1)以下の通りにトレッドが変化していきます。※標準1Aに対しての数値(mm)です。
・1XD(-4.0狭い)品番:OP.1064OP.1175
・1XC(-3.2狭い)品番:OP.1065OP.1174
・1XB(-2.4狭い)品番:OP.1066OP.1173
・1XA(-1.6狭い)品番:OP.1067OP.1172
・1X(-0.8狭い)品番:OP.1068OP.1171
・1A(標準=0)品番:OP.1069OP.1172
・1B(+0.8広い)品番:OP.1070OP.1173
・1C(+1.6広い)品番:OP.1071OP.1174
・1D(+2.4広い)品番:OP.1072OP.1175
・1E(+3.2広い)品番:OP.1073
・1F(+4.0広い)品番:OP.1074

(2)現在の組み合わせからの変化を測りたい場合は、現状の組み合わせを検索後に表示されたトレッド数値に、試そうとしている組み合わせのトレッド数値をプラスもしくはマイナスして求めてください。(2度検索します)

(3)トー角は、+(プラス)はトーイン、-(マイナス)はトーアウトです。


(C)ラジコン@せんせいのブログ