晴天の霹靂

前回の写真ですが、あれは高岡市民病院からの写真でした。

実は、7/12午後から入院して、7/13に手術、7/19朝まで入院しておりました。

何人かの方には言っておりましたが、何の手術だったかと言いますと、

それは、膀胱癌の摘出手術です。

http://www.gan-info.com/316.4.html

5月に、内臓脂肪が多いからだったかな?
かかりつけのお医者さんに言われて市民病院を紹介され、CTを撮ったところ、膀胱に怪しい影があると。。。
それで後日内視鏡で膀胱内を見てもらったところ腫瘍が発見されました。

その時点では良性か悪性かわからないので「腫瘍」と言ってますが、
調べてみたところ、膀胱の場合は高い確率で悪性、いわゆる「癌」だそうで
なるべく明るくふるまってはいましたが、調べれば調べるほど恐怖が増すばかりでしたね。

膀胱癌は、ステージ2以上で膀胱摘出の可能性もあるとのことで、
独身の私にはそれは受け入れがたいことなので、もし膀胱を摘出しなければ・・・となった場合、それは拒否しようと考えてました。

拒否した場合の5年生存率は、平均で見た場合60%ほどですが、
仮に経過途中でステージ4になった場合、そこからの5年生存率は15%ほどです。

大袈裟に聞こえるかもしれませんが、自分の余命が10年未満と思ったら、
この先、苦しい苦しい抗癌剤治療をしなければいけないのかと考えたら、
もうそれは寝付けないほどの恐怖でした。。。

交通事故など、死なないと思っていての突然の事故死でなく、
何年後かに迎える確実な死。どちらが恐怖かは言うまでもないですよね。

本当にいろんなことを考えました。大病をすると価値観が変わると言いますが、本当に価値観がガラリと変わりました。

 

手術ははじめてでした。はじめての手術というのも大変な恐怖でしたが、
もうまな板の鯉というか(^^;)なるようにしかならないということで臨みました。

今回の手術はTUR-Bt(経尿道的膀胱腫瘍切除術)と言って、
尿道から内視鏡を入れて、内視鏡用電子メスで腫瘍を切り取るという手術です。

http://www.ai-hosp.or.jp/use_admission/usage_guide/disease_guide/disease_guide05.html

背中から骨髄に麻酔の注射を打ち込むのですが、痛いと聞いていたのですが、私は全然痛くありませんでした。ここさえクリアすれば後は全身麻酔で眠りますので、手術に関してはまったく痛くなかったです。気づいたら終わってました。

 

それで・・・手術の結果、癌の状態はと言いますと・・・
早期発見だったため、とりあえず癌は取り除けたとのことです。
ステージも告知されませんでした。。。ステージは何やったんやろ?

手術後、手術台で意識が戻った際にすぐに先生に確認したところ、
膀胱の摘出もないとのことでしたので、現時点ではまずはひと安心しました。

手術翌日には膀胱に直接入れる抗癌剤を入れました。
これは事前に調べてて副作用が無いことを知っていたので安心しました。

ただ、膀胱癌は再発の確率が高い癌です。しばらくは数カ月おきに
検査に行くことになりました。

これで私の今後の人生は、常に死と隣り合わせの人生ということになりました。

 

このことをブログに書くのに迷いもありましたが、
できればみなさんにこのような恐怖を味わってほしくないので、書くことにしました。

今回の私の場合、まず大事なポイントとしては、早期発見です。
もうこれにつきます。膀胱癌の疑いで真っ先に疑われる症状は血尿ですが、私には血尿はありませんでした。

ただ、調べていると、血尿の症状が無い場合、
結果として癌の進行が進んでいる場合があるとの記載をどこかで見たので、
これはこれですごく恐怖でしたが・・・

現在日本人の二人に一人が癌になっています。

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g4/cat450/sb4502/p024

半分の人が癌になるということは、早かれ遅かれ、大半の方がいずれ癌になるということです。

そう考えたら、自分もいつか癌になると考え、早期発見することを重要視したほうがいいと思います。

私は今後半年に1回は人間ドックを受けようと思ってます。

http://www.kenzou.org/checkup/medical_examination/total_checup.html

これはこの恐怖を味わった者にしかわからないだろうなぁ・・・とは思いますが、こんな思いをするくらいなら人間ドックの費用なんて安いもんです。

ぜひ他人事とは思わず、みなさんも、みなさんの家族のためにも
早期発見するためにも、定期的な人間ドックをお勧めします。

ちなみに、会社で受けるような検診はあてになりません。
その点はご注意ください。

 

さて、最後に、価値観が変わったって話ですが、

今回、最悪ステージ4だったとした場合、すぐに抗癌剤治療ということで
入退院を繰り返すこととなり、自由がなくなっていたとしたら・・・

ここ最近はラジコンばかりしてたなぁ・・・で終わってたかと(;´Д`)

いや、別にそれも悪くはないですよ、好きでやってますので。

ただ、私の場合、実は結構旅行もしたかったりして、
これができてないのは一緒に行く連れ(彼女もしくは嫁)がいないからでしてw
本当は海外旅行もしたかったりします。

また、入院中は母親が洗濯物を取りに来てくれたりと面倒をみてくれましたが、このまま独り身だと、将来何かあった際どうなるんやろう?という不安にも気づきました。

それに会社のことも考えると、いざというときに任せられる、信頼できるパートナーとなると、やはり身内ですかねぇ。。。
せっかく自分で起業して作った会社を残したいですしね。

そんなわけで、結婚なんて別にしなくていいかなぁなんて思ってましたが、
今は無性に結婚したいですねw

こんな状況になってはじめて気が付きましたね。
やっぱり嫁さん要りますね(^^;)

なので、現在私の最優先事項は、嫁探しということになりました。
明日、早速婚活パーティーに出ますw

ですので、今後はラジコン活動を縮小します。。。
今年は全国色々行こうと思っておりましたが、人生先が短いとなると、
ラジコン以外にもしたいことがありますので、仕方ないですね。

すでに、今日早速パスポートの申込をしてきました。

9月か10月には海外旅行に行ってこようと思います♪

他には、実車のレースもまだ出たいですし、レーシングカートもしたいですね!
あとは釣りもしたいですし、何気にサバゲーも興味あるんですよね( *´艸`)

後悔しない人生を送るためにも、できる時になんでもしておきたいなぁーと、今は強く思っております。

そんなわけで・・・
みなさまも、お身体お大事に・・・

ɂقuO ̑uO WRRCJ[ blogramŐlCuO𕪐


13件のコメント

  1. 退院おめでとうございます!価値観ですか…何事もなく日常を送っている人達は自分の価値観にさして興味もなく普通に生活しているだけ。でも、自分の身に、近親者に死というものが見え隠れすると、そこで初めて自分の過去を未来を見直すんじゃないですかね。本当はああしたかった、こうしたかった…自分に時間と健康の余裕があるときはそうした事への順位決めなんてせずに今やりたい事をやるだけ、それは自分にまだまだ健康な体と時間があると信じて疑わないから。自分が漠然とした生活からある程度的を絞った生活に変わったのは従兄弟の死でしたね。最後を看取りに呼ばれて行ったんですが、それはそれは壮絶な最後でしたよ。家族に看取られながら眠るように…なんて程遠く、天井まで届くかって位の吐血と共に強烈な痙攣、スイッチを切ったかのような最後…食道癌でした。家が近所だったこともあり小さい時からずっと一緒に育ってきたので、兄弟が死んだ彼の様な衝撃でしたよ。その時もう子供も居たのでこいつらの為にこれから何ができるか、残せるかをようやく真剣に考えましたね…使っちゃう前に子供らが最悪自分が居なくなってもお金には困らない様に定期にしたり、それぞれの通帳に入れてやったり。残された時間、大切な人、守りたい家族…従兄弟とはいえ、他人事ですらそうなったのだから先生はそれはそれは辛かったでしょう。手術で取れたってのは結果であって必然ではない。そろそろ誰かのために頑張るって時期が来たので、神様が教えてくれたんでしょうね!今日ですよね!楽しい1日を送って来てください!ラジコンだけでなく、つり、カート、アウトドア、付き合いますよー!先ずは相方ですね!守るべき家族ができると、更に価値観変わりますよ!大した知識も教養も無いですが、話を聞く位なら出来ます!守秘義務が発生したらちゃんとまもりますよ!何でも相談して下さい!それでは良い1日を!

  2. 今日、例の件はなくなったよ…
    なんかそーゆー気持ちになれないって…

    だから夜婚活パーティー行ってくるよ!
    男は年収500万以上限定のエグゼクティブのみ参加できるってやつなんで、お医者さんとか経営者ばかりみたいで、自分のような超零細企業経営者は気がひけるんやけど(^_^;)急遽行こうと思ったらそんなんしかなくて…

    まわりで金と時間あるゆーたら覚醒生徒さんくらいなんで、なら色々付き合ってもらおうかな♪

    なんせ今は海外旅行行きたいかなぁ〜

    今日早速旅行代理店行って来ようと思っとるよ。
    ベタやけどラスベガスあたりかなぁ〜候補は。

    カートはいつ行くが?行く時ゆーて。

    実車のドリフトもちょっとしてみたいかなぁ〜

    あ、小杉SWやけど、分煙化しようとおもうんやけど。

    なんせタバコはやめた方がいいよ〜(´-ω-`)

  3. 入院お疲れ様でした、早期発見、無事切除とのことでひとまず安心しました!
    麻酔は痛くなくて良かったですね、あの時は話を聞いてる私が怖かったです汗

    小杉でも話してましたけど、どうしても当たり前のように明日が来て来月が来て、
    来年、10年後も普通に生活してると思いがちなんですが、そうじゃないんですよね。
    私も子供が生まれたり親戚の不幸などで考え方が変わってきました。

    会社の検診はやっぱりあてにならないんですね・・・いつもとある機関で流れ
    作業のように受けてますけど、書類の性別間違ってたり、身長測ってないのに
    記入されてたり、別の内科で再診になった結果を送るハガキがなかったりとw
    今年は予定日を変更したら、その後の検診の通知すら来ないんですけどね(^^;)

    今は少し休養して、あまり無理せずにいろいろと楽しんで下さいね☆

    1. 麻酔は拍子抜けするくらい痛くもなんともなかったよ(^-^)

      会社の検診はテキトーだもんね…
      大腸癌の便の検査なんて、あんなんで見つかる??って感じ。
      真っ黒な便が出てきた時にはもう手遅れなんじゃないかなぁ…

      しばらくはラジコン関係の不用品処理やらやることあるんで、
      休みはラジコンせずにのんびりしてようかなぁーと思うよ( ^ω^ )

  4. 小杉の分煙は賛成です!ちゃっちゃとすすめましょう!兎にも角にも退院したばっかりなんやから、焦らず気張らずゆっくりといろんな事を見つめ直すのもいいと思いますよ!海外は台湾がオススメです!あそこなら日本語も英語も通じるし!英語の勉強しなきゃですね!何なら小杉の会話は全部英語にしちゃいますか!来週辺り釣りにでも行きますか?今だとキスですね〜!

    1. さすがにこんなことになると副流煙が気になるんでね…
      みなさんにもご理解いただいて分煙しましょう!

      みなさんの意見を聞いて喫煙場所決めて、マスターに相談してみてください。

      タバコ吸う方結構いるからね〜
      全員人間ドック行ったら何人かは癌があると思うなぁ…コレマジで(^_^;)
      入院中に同部屋に腫瘍見つかって検査入院してきた人2人いたしね…
      みなさん、マジで検査したらいいと思いますよ〜

      台湾ねぇ…日本語通じると外国感がなくてね…済州島がそうだったよ。
      昔LAに行った際英語はなんとかなったんで、まぁ大丈夫かな?!

      実は来週末は友人の奥さんの紹介で、二日連続紹介あるんよね〜
      釣りは秋からかなぁ〜( ^ω^ )

  5. 最近、小杉でも見ないんでどうされたのかなと思ったら、そんな事があったとは(^_^;)

    いい人見つかるといいですね♪かげながら応援してますよ(^_^)

  6. 無事に手術に成功して退院したとの事で安心しました。
    なぁん大した事無いから行って来るよと言っていましたが、気丈に振る舞ってるなと思っていました。年も40を過ぎると、まだ自分では若い方の部類だと勘違いしてしまいがちですが、もしかして厄年あたりじゃないですか、ちゃんと厄払いしましたか、ちょうど体の変化がある年齢ですから気を付けた方がいいですよ。
    自分も後厄終わったぐらいで、一年間で2回も肺炎を患ってしまい、死にかけましたので残りの人生は余生だと思っています。今でも後遺症的になものがあって毎月病院通いです。
    会社の検診でも例の節目検診で、また悪い所が見付かり気管支狭窄症らしく気管支が狭いので呼吸が浅く出す量も少なく、大声が出ません。無理に出すと、声帯にポリープが出来たら手術しなくてはならない。また他人には中々理解し難い病気で、一生のお付き合いになると宣告されてガクッと来ている所です。なので小杉では余り話さない様にしています、悪しからず。
    会社の検診もやらないよりはましですよ。何人も引っ掛かった人が居るので…
    人生で一番大切な物は、お金や物や地位ではなくて時間です!
    ある人が言っていましたが、人生とは思った以上に短いもの、、あの時ああしていれば良かったと思わない様に、思った事はやるべきです!
    お力添えが出来れば是非言って下さい、私でよかったら。

    1. mriさんこそ、そんなに大変ことになってたとは・・・失礼しました(;´Д`)

      厄払いはしてませんよ。。。信心深くないもんでw

      時間が大事っていうのはよく言いますよね。
      どんなに大富豪だろうが貧困者だろうが、時間だけは共通ですからね。

      一度きりの人生、後悔ないように日々過ごしたいものですね(^^♪

    2. ●補足

      会社の検診の話ですが、私の聞いた話ですが、、、

      会社の検診でひっかからなかったんですが、
      ひょんなことで民間の検診を受けたら、ステージ4の乳癌だったって
      話があったんですよ。

      ですので、会社の検診が無駄ってこともないかと思いますが、
      会社が費用負担する=安価な検診=精度が低い。ってことが考えられるんですね。

      なので、会社の検診でひっかかったころには遅いということも・・・

      って意味です。

      ご参考までに。

  7. 厄払いは、地区の自治会で一斉にやりますからね。

    私の勤めている会社の検診は、若い人は、最低限の検査ですが、ある年齢からは自動的に人間ドックになります、任意(自費)でオプションのコースがありますよ。
    会社の人で一回オプション無しのコースにしたら翌年の検査で癌が見付かりました。毎年何処も異常無しだった人でした。
    私は、毎年フルオプションにしていますね。
    市の方針や事業所の考え方でも変わるみたいですね。

    1. でしょう~~??

      だから簡易検査はあてにならないのでフルオプションは正解ですよ!

      これからの時代、命もお金で買う時代ですよ(;´Д`)

コメントを残す

←コメントに画像を張り付ける場合はこちらをクリック!(JPEGのみ)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)