BD9をRC Super GT選手権仕様に変更しました

来年2022年から、
昨今人気が高まっている「RC Super GT選手権」の予選レースが

海王丸サーキットでも行われます👍

それにともない、ツーリングカースーパースケールクラス仕様にしていた
BD9を「RC Super GT選手権」仕様へ変更しました✋

スケールボディを使用するという点でレギュレーションがかなり近しいため
スーパースケールクラスはレース1回こっきりで廃止です😱

安価とはいえ、Gフォースコンボセットが無駄になったのは悲しいです😰

大きな違いはアンプとモーターで、
「RC Super GT選手権」では、ホビーウィングの17.5Tストックコンボセットが
指定パワーソースとなっております🚗💨

あとは、タイヤ回転数4000回転以下やバッテリー電圧が指定されております⚡

RC Super GT選手権レギュレーション

なお、指定のホビーウィングコンボセットは、
参加者に限り、通常価格より安く買えるようになっております👌

※参加希望で購入希望の方は、運営メンバーもしくは「私」💦💦までお申し出ください🙇

それで先日、コンボセット第一陣が私を含む参加希望者の手に届きましたので、
昨日早速載せ替えました🌟

高級感漂う外装です😆

XR10 PROと違ってスイッチは別体なんですね💦💦一体ならなおよかったのに…

ハンダづけもわりとキレイにできました😂アンプのコードは替えのコネクタがなかったので後日短くします。

モーターの進角は調整できない(KV値をいじれない)ので、タイヤ回転数を4000回転以下でギリギリ4000回転付近に合わせるのは難儀するかと💦💦

とりあえず一旦、スパーを111枚、ピニオンを40枚、ギヤ比約5.4でどんなものか❓❓明日早速テストしたいと思います。

このレギュレーションだと、クルマによって(設定できるギヤ比によって)有利、不利が出てこないのかなぁ❓😅

タイヤ回転数縛りははじめてなので、その点がいささか不安ではありますが、
みんな同じ条件ですので、チキチキ楽しめたらと思います🎶

第1回海王丸RCグランプリ以降もセッティングを色々試しており、良い感触を得ております👍ボディも変更したりとセッティングを大幅に変更してますので、いずれ紹介したいと思いますー

コメントを投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。